[カブでソロキャンプ]BULINのポータブルコンロはミニテーブルとの相性抜群

シェアする

軽量キャンプコンロ BULin BL100-B3 ポータブルストーブ

先日購入した商品から、実際使って良かった優秀な子だけをもう少し詳しく紹介します。
今回はBULINの分離型ポータブルストーブ。

スポンサーリンク

BULIN ポータブルストーブ(キャンプコンロ) BL100-B3

軽量キャンプコンロ BULin BL100-B3 ポータブルストーブ

軽量キャンプコンロ BULin BL100-B3 ポータブルストーブ


この製品は安っすい中国製ですが思ったより良い商品でした。
人気があるのもうなずけます。

スペック

サイズ:最大幅210mm 高さ85mm ホース長さ305mm
重量:260g
材質:アルミニウム合金、銅合金、ステンレス鋼
カセットボンベ用変換アダプター付き
専用収納袋付き
カセットボンベ缶アダプター付属

20cm未満の調理器具に対応し、重さは5kgまで耐えられるようです。

ガスストーブ スペック

ガスストーブ スペック



収納時はめちゃくちゃコンパクトに

収納時はめちゃくちゃコンパクトに


直径21センチと非常にコンパクトなうえ、更に足の向きを揃えることができるのでスペースをとりません。

バーナー収納時

バーナー収納時


コンビニでおにぎりのような小さいものを買った時に入れてもらえる袋とほぼ同等のサイズです。

使い方

アルミテーブルの上に出す

アルミテーブルの上に出す



足を開く

足を開く


火のでる丸い部分を上に引きながら足を展開します。

ガスボンベと連結する

ガスボンベと連結する


付属品のカセットボンベ変換アダブタ(黒いやつ)を赤い金属部分にねじ込みます。
先端の赤いノズル(火力調整つまみ)が閉まっているかどうか確認し、黒いアダプタにカセットボンベの凹凸を併せて差し込みます。
するとガスがプシューっと漏れ出しますので、ボンベを素早く写真奥へ押し回します。
ガス漏れが起こっていないか確認して下さい。

初めて試した際、ボンベを押し回してロックしてもガスがしばらく漏れていて、不良品かよと思いましたが、何度か試しているうちに漏れなくなりました。
変換アダプタが初期状態では硬くてしっかりロックできていなかったのかもしれません。

完成

完成


ここが便利なポイントでもありますが、ガスボンベをテーブルの下に置きます。
この際、缶の凹み部分が上を向くようにしないとガスが漏れてしまいます。

点火はワンタッチ

点火はワンタッチ


火力調整つまみを緩めて(ガスがでるようにして)ボタンを押し込むとライターのように点火します。
点火する際は軍手を装着し、鍋などを上に置く前に行うのが安全だと思います。
僕は軍手もせず鍋を置いたこの状態で押し込んでしまいました。火元が良く見えないうえ、変な角度から手を伸ばしてしまったのでアーチーチーアーチーでした。

個人的なオススメポイント

分離タイプだから便利!

ガスストーブには「直結タイプ」と「分離タイプ」があります。
一体型ガスストーブ例

一体型ガスストーブ例


この一体型の場合、ボンベも必ずテーブル上に置かなければならないわけです。ソロキャンプで使うコンパクトなミニテーブルの上にボンベが寝そべると飲食スペースが更に削られてしまい不便なんです。

それに引き換え「分離タイプ」このBULINガスストーブは、カセットボンベとバーナーをホースでつなぐタイプですので、邪魔になるボンベはテーブルの下に置けばOK!
というわけでソロな人こそ分離タイプが良いのではないかと思います。

炎の調整つまみは安全な場所にある

つまみは炎が燃え盛るバーナー付近ではなく、ボンベ側に付いていますので熱い思いをする必要はありませんし、間違えて炎を大きくしてもノーダメージで慌てず騒がず小さくし直すことができます。
慣れない火を扱うことや、火力調整に失敗して動揺し訳の分からないことをしてしまいそうな僕には結構刺さりました。

安価なカセットボンベが利用できる

調べたところ、キャンプ専用っぽいガスボンベがあるんですね。見た目はカッコイイというかキャンプっぽい雰囲気を醸し出していますが、ちょいとお高いんです。
その点カセットボンベはスーパーやドラッグストア、コンビニでも取り扱いがありますし、安価です。

中華製だが信頼できるメーカー

このBULIN(ブーリン?)は中華製なのが気になって、その他の製品のクチコミ・レビューをチェックしました。すると思いのほか高い評価を得ています。中国のトップブランドで、この製品の類似品が出回っているという話もあるようです。

総括的に、非常に良い買い物だったと思っています。



ミニテーブルのレビュー

お話の中に登場したキャプテンスタッグのミニテーブルもいいですよー。
[カブでソロキャンプ]ジャストサイズと言うべきキャプテンスタッグのアルミロールテーブル
先日購入した商品から、実際使って良かった優秀な子だけをもう少し詳しく紹介します。 今回はキャプテンスタッグのアルミロールテーブルコンパクト...

個人的に気になるポイント

安価なキャンプ用バーナー共通して言えることなのですが、強風で火が消えてしいそうで怖いんですよ。
今回試した日が、めちゃくちゃ風の強い日だったせいかもしれません。

風上にアルミホイルを置いただけで持ちこたえた

風上にアルミホイルを置いただけで持ちこたえた


アルミホイルで簡易的かつ原始的な風防を作って風上に置いたところ、火は消えることなく燃え続けましたのでそれほど気にしなくても良いのか?
僕は効率厨でもあるので、熱効率を上げるためにも風対策していきたいと思います。